ガバナーについて

今期の地区ガバナー

本所 光男

Lions Clubs International District 331-C
District Governor

L 本所 光男

Mitsuo Honjyo
Muroran Higashi Lions Clubs

2016年~2017年 地区ガバナースローガン

地区ガバナースローガン

未来を拓く創造と奉仕の息吹を

ライオンズクラブ誕生して100年、その原点を見つめ輝かしい未来を拓く(開拓)、創造(力)、奉仕 (心)の息吹を(活気)としました。

2016年~2017年 シンボルマーク

シンボルマーク

ライオンズクラブ創立100周年を迎えるライオン140万人が人道的な奉仕に向けた架け橋を基本として、 その架け橋の象徴となる白鳥大橋をモチーフした室蘭のMと本所のHをシンボライズし、廻りをムロラン の「ロ」を6個で囲みました。

2016年~2017年 地区ガバナー基本方針

1. 100周年記念奉仕チャレンジ

1917年メルビン・ジョーンズの呼びかけによるライオンズクラブの創立以来、100年を迎える節目のときに立ち会える喜びを持って、次の分野で奉仕事業を展開したい。
①青少年の健全育成
②視力保護の贈り物
③環境保全と美化
④食料支援

2. 会員維持増強

会員の脱落を防止し、新会員を獲得して組織の拡大と強化に努めたい。

3. LCIF への寄付

①今期も1人20ドルの寄付をお願いしたい。
②メルビン・ジョーンズフェロー(MJF)1,000ドル寄付を奨励したい。

ページの上へ